GUEST
  20 6 0 More... More... image html 2000 100

心地良い眠りのために

ベッドは、永遠の快適さと夢を与えてくれる安らぎの場所。そこは、健康な毎日に活力を与え、毎日の始まりと終りを迎える聖域、闇のなかでの眠りや日差しの中で目覚める場所。

私たちはベッドで人生の3分の1を過ごします。と言うことは、75歳になるまでには25年を布団に包まれて暮らすことになります。だからこそ、毎日できるだけ完璧な状態で眠りたいものですね。

ガーネットヒルでは、贅沢なクオリティーのベディング用品こそが快適な眠りの鍵だと考えています。以下では、手ごろな価格のものから最高にラグジュアリーなものまで、快適な眠りに欠かせないコレクションから、各々の人にぴったりのベディングの選び方をご紹介しています。また、ここでご紹介しているもの以外にも、熱や水分を吸収するウール製のマットレスパッドや、お子様や療養中の方にも便利な防水加工のパッドなど、実用的な品々もご用意しておりますので、ぜひご覧ください。

快適な眠りにとって、自然素材によるベディング用品は必要不可欠ですが、どのシーツがお好みかは、季節や寝室の温度などにより異なります。

シーツについて:

シーツ
フランネル – 最も温もりのある快適な感触。片面もしくは両面にブラシ加工を施して表面を起毛させた柔らかなコットン製ファブリック。フランネルの暖かさはひねりの入ったソフトな糸によるもので、繊維のすきまに空気が溜まり、熱を遮断することで生まれます。ガーネットヒルは、独自のフランネルのデザインとその優れた品質で知られています。

パケール – 1インチ四方に180本以上の糸を使って織り上げたスムーズな平織り生地のことをパケールと呼びますが、中には1インチ四方に300から400本もの糸を使っているものもあります。コットン・パケールは、ひんやり感やシャリ感、そして季節を問わない快適な肌触りが魅力です。

ジャージ - 「Tシャツシーツ」と呼ばれることもあるジャージのベディングは、織りとは異なるニット独特のこの上ない柔らかさが特徴です。フランネルの暖かさやパケールのひんやり感とは違い、ジャージニットは季節の変わり目に最適で、Tシャツと同じく一年を通じても快適な素材と言えます。

サティーン – ワンランク上の風情をもたらす贅沢で上品なベディング用素材。日本で言う「繻子織り」のことで、シルクのような艶やかな光沢とつるつるの滑らかさが特徴です。

シーツに用いられるコットンの種類:

コムドコットン – コットン繊維をはりのばして機械で梳く作業(コムドとは「櫛をかける」の意味)により、短い繊維やゴミを取り除いたもの。それにより、表面がスムーズで丈夫な長繊維だけが残ります。

エジプトコットン – 元々、エジプトのナイル川流域で栽培され現在は世界中で栽培されている、丈夫で光沢のある長繊維のコットン一般を指します。エジプト綿の繊維は通常2.5~3cmの長さがあります。

ピマコットン – アメリカインディアンのピマ族から名付けられたバラエティー豊かなコットンを指します。現在は主にペルーでや米国南西部で栽培されています。滑らかで超長繊維のピマコットンはシルクのような高級感をもたらします。

スピマコットン – 「スピマ」とは「Superior Pima」の略で、米国スピマ協会の登録商標にもないっています。

スレッドカウントとは?

スレッドカウントとは、布地を織る際に1インチ四方に使われる縦横と糸数の合計を指します。数が大きくなるほど布地の密度が増し、より贅沢な肌触りになります。シーツ類の中でも、パケールやサティーンだけはスレッドカウントで計られます。

GHのシーツ類をご覧になりたい場合はここをクリック。

コンフォーター

コンフォーター(掛け布団)を選ぶにはいくつかのポイントがあります。まずは、お部屋の温度、次に体温、そしてお好みの質感。ガーネットヒルが取り扱っているコンフォーターはフィリングや重さ、構造などバラエティー豊かで、お好みに応じてぴったりのものがお選びいただけます。

コンフォーターについて

コットン – ダウンにアレルギーのある方にぴったりの優しく、通気性のある素材です。コットン製のコンフォーターは比較的重みがありますが、ダウンほどの暖かさはありません。ふんわり感が少なく、平たんでスムーズな表面はコットン特有の質感と言えるでしょう。

シルク – 非常に軽やかで、優しい温もりが特徴のシルクもアレルギー体質の方にお勧めの素材です。温度によって自然に変化するシルクの性質から、季節を問わずに快適な眠りがお楽しみいただけます。

プリマロフト – ダウンと同じふかふか感や暖かさを持ちながら、アレルギーのある方でも安心してご利用いただける「プリマロフト」は全く新しいマイクロファイバーです。また、プリマロフトのコンフォーターは、洗濯機や乾燥機も使用できるのでとても実用的です。

ダウン – ダウンとは、グース(ガチョウ)やアヒル、その他の水鳥の胸や腹部から採れる最も柔らかでふんわりとした綿毛を指します。ダウンにはこの上ない弾力性があるほか、極寒の中で生活するのに適した最高の保温力があります。また、軽量で圧縮できるのも特徴です。ダウンの温もりは、その間に空気を包含して断熱することで生まれる一方、体から発散される湿度は外に発散するので、とても快適です。特に、グースのダウンはアヒルのものよりも、羽毛のひとつずつがより大きくて柔らかく、優れた保温性を持つため、さらに高級とされています。

ダウンについて:

フィルパワー – コンフォーターやピローなど、ダウンのフィリングを詰めたものに使われる弾力性の表示単位。1オンスのダウンが何立方インチになるかを測定した値で、フィルパワーの大きい方が空気の包含力があります。また、より大量の空気を含むことで断熱効果が高まり、保温性も優れます。

ロフト – 圧力をかけた後、元のふかふか状態に戻るまでの断熱繊維の力を指します。よりロフト値の高いダウンほど、フィルパワーも大きく、保温力も強くなります。

GHのコンフォーターをご覧になりたい場合はここをクリック。

ピロー

ピローについて:

フィルパワー – 1オンスのダウンが何立方インチになるかを測定した値で、フィルパワーの大きい方が空気の包含力があり、よりサポート力が高まります。

ロフト – 圧力をかけた後、元のふかふか状態に戻るまでの断熱繊維の能力を指します。ひとつずつが大きなダウンほどロフト値が高く、フィルパワーも大きくなります。

デンシティー – 柔らかさや硬さの度合いで、詰め物に使われるフィリングによって異なります。ホワイトグースダウンは頭を肩と同じ高さに調節しますが、高さや硬さを増すためにフェザーを加えることがあります。

ダウンとフェザーの違い:

ダウン – ダウンとは、グース(ガチョウ)やアヒル、その他の水鳥の胸や腹部から採れる柔らかでふんわりとした綿毛を指します。ダウンにはこの上ない弾力性があるほか、極寒の中で生活するのに適した最高の保温力があります。また、軽量で圧縮できるのも特徴です。ダウンの温もりは、その間に空気を包含して断熱することで生まれる一方、体から発散される湿度は外に発散するので、とても快適です。

フェザー – 鳥の体を覆う羽根一般を指します。フェザーは丈夫で柔軟性のある羽柄と硬い羽枝から成りたっており、羽柄はより硬さが求められる場合の小さなスプリングの役目を果たします。

ピローの選び方

Soft – うつぶせで寝る方にはSoft(ソフト)のピローがお勧めです。フィリングにダウンを用いているものが最も柔らかです。

Medium – 仰向けで寝る方にはMedium(ミディアム)のピローがお勧めです。ミディアムのピローは高フィルパワーのダウンや、ダウンとフェザーの混合でちょうど良い硬さになっています。

Firm – 横になって寝る方にはFirm(ファーム)のピローがお勧めです。ダウンよりもフェザーを多く用いることでより硬めの質感を実現しています。また、ダウンにアレルギーのある方で硬めのピローがお好みの場合には、コットンやプリマロフトがお勧めです。

GHのピローをご覧になりたい場合はここをクリック。